横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら | 横浜シティ法律事務所

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

ご自身の配偶者や、交際相手の配偶者から、不貞行為(不倫、浮気)を理由とする慰謝料を請求された場合に、交渉を弁護士に依頼するメリットについて、解説していきます。
 

1.適正な慰謝料での解決が可能になる

不倫による慰謝料請求がされた場合、最初から適正な金額で請求がされることは稀といえます。
法的に認められる金額を大きく超えて請求されるケースが多く、また、慰謝料金額について一度合意を結んでしまえば後で合意を覆すことは難しくなります。
弁護士が間に入ることで、適正な慰謝料金額に基づいて相手と交渉を行うことができ、請求金額を大幅に減額できる可能性があります。
 

2.交渉によるトラブルやストレスから解放される

不倫慰謝料を請求された場合、相手方との交渉には強いストレスがかかると思います。
長時間一方的に怒鳴りつけられたり、後ろめたい気持ちから相手の言い分どおりに高額の慰謝料を支払う約束をしてしまったり、さまざまなトラブルが発生する可能性もあります。
弁護士に依頼をすると、相手方は弁護士としか連絡を取ることができなくなりますのでこうした相手方と交渉するストレスから解放され、当事者同士のトラブルの心配もなくなります。
 

3.争いが蒸し返される心配がなくなる

たとえ相手に慰謝料を支払ったり、支払う約束をしたりしたとしても、適切に示談書を作成しておかないと、後になってトラブルになる可能性があります。
例えば、慰謝料を支払ったにもかかわらず、その後に不倫が原因で離婚することになったということで追加の慰謝料を請求されたりするかもしれません。
弁護士を入れて適切に交渉し、お互いが納得した条件での合意書を取り交わすことによって、争いが蒸し返されることがなくなり、終局的に事件を解決することが可能となります。
 
高額な慰謝料請求をしてくる相手に対し、適正な慰謝料の金額で合意を締結するためには、法的な知識や専門的なスキルが必要となります。
横浜シティ事務所では初回無料でご相談をお受けしておりますので、お悩みの方はお早めにご相談ください。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!