横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら | 横浜シティ法律事務所

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

不貞行為(不倫、浮気)を理由として、配偶者やその不倫相手に対してどの程度の慰謝料を請求できるかについて、弁護士が解説していきます。
 

1.不倫慰謝料の相場は?

不倫慰謝料に明確な基準はありませんが、過去の裁判例などからすると、50~300万円の範囲で決まることが多いです。
不倫の態様や期間などによる悪質性が高い場合には300万円を越える慰謝料が認められる場合もありますが、そうしたケースは稀といえます。
 

2.どうやって慰謝料を決めるの?

不倫慰謝料はさまざまな要素から総合的に判断がされます。
不倫により離婚に至ったかどうか、不倫の期間はどの程度か、不倫を開始した時の夫婦関係はうまくいっていたか、夫婦の間に子供はいたかどうか、不倫発覚後の対応はどうだったかなど、さまざまな事情を考慮して金額を決めるのです。
そのため、個別のケース毎に慰謝料がどの程度になるかどうかは判断が難しく、専門家である弁護士への相談が必要不可欠といえます。
 

3.慰謝料が増額されるのはどんな場合?

一般的に慰謝料が増額されやすいのは次のような事情がある場合です。

  • ・不倫により、夫婦が別居や離婚をすることになった
  • ・不倫が長期間に及んだ
  • ・不倫相手が妊娠・出産した
  • ・夫婦の婚姻期間が長い
  • ・夫婦に未成年の子供がいる
  • ・不倫をされた被害者がうつ病になった
  • ・積極的に不倫関係を持った
  • ・不倫相手が夫婦の離婚を迫った
  • ・不倫の事実を認めず、反省の態度を示さない

 

4.不倫慰謝料を増額させるための方法は?

(1)十分な証拠を集める

不倫について十分な証拠を集めることは非常に重要です。証拠が不十分であれば、交渉で弱い立場となり、低い金額での示談に応じざるを得なくなる場合もあります。
例えば、探偵をつけて不倫現場(ホテルに出入りするところ)を押さえたとします。しかしそれは1回の不倫を示すだけの証拠であり、長期間にわたって不倫をしていたことの証拠にはなりません。
長期間不倫をしていたことを主張するためには、昔から不倫があったことについての証拠も集めなければならないのです。
このように、何を主張するかをまず考え、その主張を支えるのに十分な証拠を集めることが大切なのです。
 

(2)粘り強く交渉を続けること

慰謝料金額の交渉において、相手方は少しでも金額を低くしようと様々な言い分を述べます。
そうしたときに、なぜ慰謝料としてこちらの請求する金額が妥当なのか、相手に説明を行い粘り強く交渉をしていくことが必要です。
また、お金がないという理由で長期分割での支払いを主張されることも少なくありません。
こうしたときには相手方の資力や経済状況に関する説明を求め、安易に分割払いに応じないことが重要となります。
原則として一括払いの必要がある旨を相手方に説明し、早期解決のため少しでも良い条件での和解を求めていくことが重要です。
 

(3)状況に応じて裁判の選択肢を持つこと

相手方が事実関係を認めない場合や不当に低い金額の慰謝料を主張し続ける場合、裁判を起こして慰謝料を回収する覚悟が必要です。
裁判の中で証拠や慰謝料の増額事由を適切に主張することで、相手が示す金額を大幅に超えた慰謝料請求が可能となる場合もあります。
交渉に比べて時間はかかってしまいますが、誠意ある対応を示さない相手には裁判の選択肢を取ることをお勧めいたします。
 
以上のように適正な慰謝料を獲得するためには、法的な知識や専門的なスキルが必要となります。
横浜シティ法律事務所では初回無料でご相談をお受けしておりますので、お悩みの方はお早めにご相談ください。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!