横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら | 横浜シティ法律事務所

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

不貞行為(不倫、浮気)を理由として、配偶者やその不倫相手に対して慰謝料を請求する際に、弁護士を依頼するメリットについて、解説していきます。
 

1.交渉に応じてもらいやすくなる

当事者同士で慰謝料のお話をしても相手が誠実に対応をしてくれなかったり、ひどい場合には慰謝料の請求や話し合いの連絡を無視されることもあります。
弁護士が入った場合には、交渉に応じてもらえない場合に法的な措置をとることを事前に予告するため、相手方が真剣に話し合いに応じてくれる可能性が高くなります。
そのため、連絡を無視する相手方や事実を認めない相手方などに対しては、弁護士を入れて交渉することをおすすめします。

 

2.交渉によるトラブルやストレスから解放される

不倫の慰謝料は、感情的な部分に直結するお話です。
当事者間でお話し合いをすると、感情的になってしまい、トラブルが発生したり、解決が長引いてしまったりします。
また、配偶者の不貞の事実を知ってショックとストレスを抱えながら、不倫相手と直接交渉をするのは精神的にも大きな負担がかかります。
弁護士に依頼をすると、相手方は弁護士としか連絡を取ることができなくなりますので、こうした相手方と交渉するストレスから解放され、当事者同士のトラブルの心配もなくなります。

 

3.適正な慰謝料を請求できる

不倫慰謝料は、不倫の期間、夫婦関係の円満度、不倫により離婚に至ったかどうかなどさまざまな事情から総合的に判断されます。
そのため、ご自身がどの程度の慰謝料を請求できるのかを事前に知っておかなければ、適切に交渉をすることは困難です。
こうした前提知識を持たずに交渉をしたことで、本来請求できる慰謝料よりも低い金額での合意に応じてしまったり、逆に法外な金額を請求して話し合いがこじれてしまったりする可能性もあります。
弁護士を入れることで、ゴールを見据えて戦略的な交渉を行うことが可能となり、適正な慰謝料の請求をすることができます。

 

4.争いが蒸し返される心配がなくなる

たとえ相手に慰謝料を支払ってもらったり、または慰謝料を支払う約束をさせたとしても、適切に示談書を作成しなければ、後になってトラブルになる可能性があります。
例えば、無理やり脅されて慰謝料を支払う約束をしたものだという理由で支払いを拒まれたり、一度支払った慰謝料について返金を求められることもあります。
弁護士を入れて適切に交渉し、お互いが納得した条件での合意書を取り交わすことによって、争いが蒸し返されることがなくなり、終局的に事件を解決することが可能となります。
 
横浜シティ法律事務所では、不貞慰謝料請求に関し経験豊富な弁護士が在籍しております。
配偶者の不貞行為(不倫、浮気)が発覚したとき、どのように対応していけばよいか、横浜シティ法律事務所までお気軽にご相談ください。

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!