横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら | 横浜シティ法律事務所

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

30代男性

慰謝料を510万円の減額に成功

職場の女性と不倫をし、そのことが原因で離婚となってしまい慰謝料請求をされた事案。 お互いに弁護士を入れて交渉を進めたが、相手の請求する慰謝料が過大であったため訴訟で対応をすることとし、最終的に慰謝料を510万円減額するかたちで和解をすることができた。

相談前

不倫相手の旦那から600万円を超える慰謝料請求を受け、到底支払うことができなかったため相談に来られました。相手の主張する金額が法的に適正な額を大きく超えていたため、減額の交渉をすすめるためにご依頼いただきました。

相談後

交渉の中でこちらから適正な慰謝料額の主張をしましたが、相手方は一切応じる姿勢を示しませんでした。 そのため訴訟の中での解決を図ることとし、相手方にも交渉にはこれ以上応じられない旨を伝えました。 その後、相手方は訴訟を起こしてきましたが、裁判の中で相手方の主張する金額があまりに過大であること、離婚の原因についてもともと夫婦関係が円満とは言えなかったことなどを主張しました。 すると、裁判官からこちらの主張を受け入れた上での和解案が提示され、相手方も最終的にはこちらが提示した慰謝料を受け入れて和解が成立しました。

弁護士からのコメント

訴訟による依頼者への負担は大きいですが、交渉で双方の主張する金額が大きく異なる場合などには、訴訟の中で適正な慰謝料金額を主張し、和解を成立するという方針を取ることも有効です。 本件でも最終的には、こちらの主張が全面的に受け入れられたかたちで和解をさせることができました。

その他の解決事例

40代女性

慰謝料を大幅に減額し30万円で...

自身の不倫が相手方の配偶者に発覚してしまい,150万円の慰謝料請求を受けた事例。相手方と粘り強く交渉した結果,慰謝料金額を30万 ...

30代女性

不倫により別居,不貞相手から慰...

夫の不倫が原因で夫婦が別居状態となり,不貞相手に対して慰謝料を請求し,訴訟で150万円を獲得した事例。

30代男性

慰謝料を510万円の減額に成功

職場の女性と不倫をし、そのことが原因で離婚となってしまい慰謝料請求をされた事案。 お互いに弁護士を入れて交渉を進めたが、相手の ...

20代女性

接触禁止・口外禁止・退職を実現

慰謝料だけではなく、①夫との接触禁止、②不倫したことと慰謝料請求についての口外禁止、③不倫相手の退職を実現した事例。

30代女性

慰謝料を約1000万円減額

3年以上不倫をし、不倫相手との間に子供ができてしまい、1100万円もの慰謝料請求訴訟を起こされた事案。 訴訟の中で、既に相手の ...

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!